Q&A 知識

「終活」という言葉を耳にしますが、どのようなことをしますか?

人生の最後を迎えるにあたり、良きものとする為の事前準備のことです。
例えば、お葬式やお墓を決めておいたり、財産や相続のまとめ、自分の荷物をまとめておくといった内容です。
これらのことを行うことで、残された家族に迷惑がかかることなく安心して余生を過ごせます。

「エンディングノート」とは何ですか?遺言書との違いは?

終末期や死後の希望などを書いて「残された家族への引継ぎを行える」ツールで、高齢期の気になるテーマが盛り込まれたものです。
終末期医療やお葬式・お墓・死亡後の連絡先・家族へのメッセージなどです。終活の一環で書かれるケースが多いです。
ただ、遺言書と違い法的拘束力が無いので、財産・相続については遺言書の作成をおすすめします。

「家族葬」とはどんな葬儀ですか?

明確な決まりはありませんが、一般的には「家族を中心として縁が深い人で行われる小さい葬儀」と理解されています。
少人数の為、会葬者に対するおもてなしに費やす時間が軽減され、故人や家族の想いを伝えやすいです。
ただ、一般の葬儀とすることは同じなので、極端に費用が抑えられることはなく、逆に受け取る香典が少なくなるので葬儀費用はほぼ遺族の負担となります。

「直葬」とはどのようなものですか?

通夜・葬儀を行わず、遺体を荼毘(だび)に付すという方法です。希望により火葬場で読経をあげるケースもあります。
費用が安価で時間を軽減できる利点はありますが、十分にお別れできない・宗教儀式を十分に行わずに成仏できたのか・知らなかった方々からの反感などのリスクもあります。よく相談されたうえでなされたほうがいいと思います。

「無宗教」で葬儀をあげたいのですが?

宗教者を呼ばず宗教儀式を行わない自由な形式での葬儀で、自由葬とも呼ばれます。
自分達である程度内容を決めて葬儀が出来るので喜ばれている反面、トラブルもあります。
家族・親族に理解が得られる方・宗教儀式を行わなくても、わだかまりの残らない方・式後に寺院とのトラブルのない方(納骨など)の条件があります。
故人の思い出の品を式場に飾ったり、好きだった音楽を演奏してゆっくりお別れする音楽葬を行う方が増えています。
家族とよく相談されてから行うといいと思います。

「散骨」とはどんなものですか?

故人の遺体を火葬したあとの焼骨を粉末状にした後、海・空・山に撒く方法です。
散骨は、特別な許可や申請が必要なく自分で出来るものです。法務省は散骨について「葬送の為の祭祀として節度を持って行われる限り遺骨遺棄罪に該当しない」という見解を発表しています。他人の私有地・水源・養殖場・観光地・近隣住民などを避けてトラブルにならないよう行うことが大切です。
また、関係者以外に分からないように平服で行ったり、それと分かる供物や遺品を撒くことも環境保護の為に避けたほうが良いでしょう。

「永代供養」したいのですが?

永代供養とは、寺院などが責任を持って供養と管理を行なっていくことです。
お墓の継承者がいない、菩提寺がない、家族に負担をかけたくない、身寄りのない親族の納骨場所に困っている等の理由でされる方が多いようです。
寺院・民間の納骨堂・樹木葬などの方法があります。管理用・御布施などの費用がかかりますので、詳しくは葬儀社や菩提寺に相談されると良いでしょう。

▲ページトップへ
葬儀・法要などお気軽にご相談下さい。全ての宗教宗派のご葬儀を心を込めてお手伝いさせて頂きます。
見学等もお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:089-933-1200 FAX:089-933-1218 ※24時間365日年中無休
© Atom Group All Rights Reserved.